運用管理画面へのアクセスを制限する

IPアドレスやユーザーアカウントにより、エントリー情報などの運用管理画面へのアクセスを制限することができます。 アクセス制限はユーザーが所有するプロジェクトすべてに適用されます。アクセス制限を行うには、アクセス制限画面より設定を行ってください。

アクセス制限機能はビジネスプラン以上でご利用いただけます。

アクセスが制限される画面

設定を行うと、サイト管理の以下の画面へのアクセスが制限されます。

  • エントリー一覧・詳細
  • 記事一覧
  • アクセス解析

サイト管理から記事の管理を行うことはできませんが、公開ページから記事の投稿や編集を行うことはできます。

IPアドレスで制限する

「IPアドレスを制限する」にチェックを入れて、アクセス可能なIPアドレスを登録します。有効な形式は以下の通りです。

単一アドレス 10.20.30.40
CIDR形式 10.20.30/24

IPアドレス制限を行うと、スマートフォンやモバイルアプリからエントリー情報等にアクセスできなくなることがあるので注意してください。

ユーザーアカウントで制限する

運用設定画面にアクセスできるユーザーを、そのユーザー自身およびサブアカウントのみに制限することができます。それまで運用権限が設定されていたユーザーであっても、サブアカウントに登録されていないユーザーは運用管理画面にアクセスできなくなります。

また、外部ユーザーの制限を行うと、サブアカウント以外のユーザーをプロジェクトの管理者に追加できなくなります。