Webhookで他のサービスと連携する

他のサービスと連携する

Webフックの機能を使うと、クローバにエントリーがあったときに他のサービスとエントリー情報を同期したり、他のサービスに通知を行ったりすることができるようになります。

「サービス連携」画面には公開後のサイト管理からアクセスできます。

kintone向けのWebフックを追加する

kintone はサイボウズ株式会社が提供するクラウド型Webデータベースです。クローバをkintoneと連携させることによって、エントリー情報をkintone に同期することができます。エントリー状況をグラフで出力したり、集計を行ったりすることができます。

kintoneでの設定

kintone にはあらかじめ、クローバと連携するアプリを作成しておく必要があります。

フォームの編集で、以下のようにフィールドにフィールドコードを設定してください。

フィールドコード 説明
name 応募者の氏名が入ります。
created_at エントリー日時が入ります。
url エントリー詳細ページのURLが入ります。
email 応募者のメールアドレスが入ります(メールアドレスを要求する場合のみ)。
event イベント名称が入ります(予定イベントのフォームのみ)。
event_datetime イベント開始日時が入ります(予定イベントのフォームのみ)。
field_1, field_2... 各フィールドの値が入ります。「フォーム設定」で設定した順に1からの値を指定します。
各フィールドのフィールドタイプは以下のようになります。
フィールド フィールドタイプ
name 文字列(1行)
created_at 日時
url 文字列(1行)もしくはリンク
email 文字列(1行)もしくはリンク
event 文字列(1行)
event_datetime 文字列(1行)もしくは日付時刻
テキストフィールド 文字列(1行)
複数行テキストフィールド 文字列(複数行)
リストフィールド 文字列(1行)もしくはドロップダウン
ラジオボタンフィールド 文字列(1行)もしくはラジオボタン
チェックボックスフィールド チェックボックス
日付フィールド 文字列(1行)もしくは日付
添付ファイルフィールド 文字列(1行)

注意事項

添付ファイルはファイル名のみ登録されます。ラジオボタン、ドロップダウン、チェックボックスの候補がkintoneに登録されていない場合はエラーとなります。

クローバでの設定

kintone と連携を行うには、以下のようにWebフックの設定を行います。

サービス

「kintone」を選択します。

URL

kintone のURLをホスト名まで指定します(例:https://yourdomain.cybozu.com)。

BASIC認証ユーザー・パスワード

ベーシック認証を設定している場合は、ユーザー名とパスワードを設定します。

アプリID

データを登録するアプリのアプリIDを指定します。アプリIDはkintone の該当アプリを開いたときにURLの「/k/」の後にある数字になります。

APIトークン

kintone のAPIトークンを設定します。

APIトークンの取得方法については、kintone のヘルプを参照してください。

kintone はサイボウズ株式会社の商標または登録商標です。

それ以外のサービス向けのWebフックを追加する

サービス

「その他」を選択します。

URL

APIのエンドポイントを指定します。

BASIC認証ユーザー・パスワード

必要に応じて、ベーシック認証のユーザー名とパスワードを設定します。

カスタムヘッダー

必要に応じて、カスタムヘッダーをJSON形式で設定します。

カスタムデータ

必要に応じて、カスタムデータをJSON形式で設定します。

カスタムデータには、プレイスホルダーを利用できます。

プレイスホルダー 置換される値
%name% 応募者の氏名
%created_at% エントリー日時
%url% エントリー詳細ページのURL
%email% 応募者のメールアドレス(メールアドレスを要求する場合のみ)
%event% イベント名称(予定イベントのフォームのみ)
%event_datetime% イベント開始日時(予定イベントのフォームのみ)
%field_1%, %field_2%... 各フィールドの値(「フォーム設定」で設定した順に1からの値を指定します)

カスタムデータの例

{ "text": "%name%さんからエントリーがありました。<%url%|詳細はこちらから>" }

Webフック共通の注意事項

Webフックの実行に3回失敗した場合、そのWebフックは無効となります。再び有効にするには、手動で有効のチェックをオンにしてください。