有料イベントを作成する

Stripeと連携してイベントの参加費をオンライン決済することができます。

「支払い設定」より、「Stripeアカウントと連携する」をクリックします。Stripeアカウントとの連携はプロジェクトの所有者しか設定できません。すでに他のプロジェクトでStripeアカウントとの連携が行われている場合は、そのアカウントと自動的に連携します。

Stripeアカウントの作成

Stripeアカウントの作成を行います。すでにStripeアカウントを持っている場合はそのアカウントを使用することもできます。

はじめにコンプライアンス関連の質問欄がありますので、以下のように回答してください。

クレジットカード情報を保持する予定はありますか?

いいえ

お客さま、もしくはお客さまの代替をする連結アプリケーション(Connect Standard)は追加的な手段により顧客の本人認証を行なう予定ですか?

いいえ

お客さま、もしくはお客さまの代替をする連結アプリケーション(Connect Standard)における全ての決済において券面認証を行なう予定ですか?

はい

お客さま、もしくはお客さまの代替をする連結アプリケーション(Connect Standard)において不正配送先情報を利用した不正対策を行なう予定ですか?

いいえ

過去5年間に特定商取引法違反もしくは過去に消費者契約法違反による敗訴判決を受けたことがありますか?

該当の判決を受けたことがなければいいえを選択してください

「ビジネスの Web サイト」欄はクローバ PAGE の公開ページのURLを入力してください。それ以外の項目はお客様の情報を正確に入力してください。

事業者情報の設定

特定商取引法に基づく表記やお支払い明細に記載される情報を入力します。

特定商取引法に基づく表記は、オンラインで商品を販売する業者に対して表記するよう日本の法律で求められています。StripeでJCBカードによる支払いを受け付ける場合、特定商取引法に基づく表記を行う必要があります。事業者情報を設定すると、申し込みフォームのフッターに特定商取引法に基づく表記へのリンクが表示されます。

有料イベントの作成

フォーム設定からイベントフォームを追加します。

「予定イベントの設定」をクリックして、イベントの設定画面を開きます。

「イベントを追加する」をクリックします。

「参加費」を「有料」に設定し、前払い料金、当日払い料金をそれぞれ設定します。前払いのみの場合は当日払い料金は空欄にしてください。

「保存する」をクリックします。

お支払い

イベントの参加申し込み時にクレジットカードの入力を求められます。イベントが複数選択可能な場合には、1つでも前払いのみのイベントが選択されていると、前払いが必須となります。カード情報を保存すると、次回からカード番号を入力しなくても同じカードを使用することができます。

※カード情報はプロフィール設定から削除することができます。

手数料

前払いイベントへの一回の決済につき、利用手数料 2.5% + 99円が発生します。これに加えて、Stripeの決済手数料(日本国内では3.6%)がかかります。当日払いのイベントや無料イベントへの手数料はかかりません。

5,000円のイベントの例

前払い参加費: 5,000円
利用手数料: -224円
Stripe手数料: -180円
手数料を差し引いた金額: 4,596円

返金とキャンセル

前払い参加費を返金するには、エントリー詳細画面から「返金してキャンセル」をクリックします。この時クローバ PAGE の利用手数料を含めて代金が返金されます。Stripeの決済手数料は返金されませんのでご注意ください。返金したエントリーは自動的にキャンセルされます。

一部のみ返金したい場合には、Stripeの管理画面から返金手続きを行うことができます。「支払い情報を見る」をクリックしてStripeの管理画面を開き、返金を行ってください。Stripeの管理画面から返金を行った場合、エントリーはキャンセルされません。